鹿島神社で家族全員の健康を祈願!

1月2日のお昼過ぎ、2歳の息子と実家の両親と兵庫県高砂市にある『鹿島神社』に初詣に行ってきました。渋滞がなければ車で30分~40分ほどの道のりですが、高速を降りて少しすると渋滞しており全く動かなくなってしまいました。『鹿島神社』まで3キロ進むのに1時間かかり、チャイルドシートに座っている息子は終始不機嫌で、チャイルドシートについている日よけを下までおろし、日よけが上がらないように手でもって常に顔を隠していました。『鹿島神社』が近づくにつれ、子供たちが持っているバナナや動物の形をしたビニールの風船が見え、息子の機嫌も少しずつ直ってきました。結局、1時間半かかって『鹿島神社』に到着しました。子供のから毎年のように参っている『鹿島神社』に自分の子供も一緒に来たかったので、親子三代で参ることができて良かったです。昔に比べ、出店も少なくなっており、参る人も少なくなっているように見受けられました。昔であれば、人で人で、2歳の子が歩けるような状態ではなかったですが、今年はお詣りする時以外は息子は一人で歩いても大丈夫なぐらい混雑してませんでした。お詣りは
息子を抱っこしてお祈りしました。 『鹿島神社』は一願成就の神様なので、家族全員の健康をお願いしました。私自身、昨年に初めて手術を経験したのでお金よりも健康第一!と思い、しっかりとお願いしてきました。お詣りをした後はおみくじを引き、父と私は大吉で母は中吉でした。父親のおみくじにはいいことがたくさんかかれていましたが、私のおみくじには全くいいことはかかれていませんでした。同じ大吉でも違うんですね。息子はおみくじの代わりにくじ引きをしてピンクパンダのビニール風船をゲットしてご機嫌でした。今年もささやかな幸せをいっぱい、家族で共有していきたいです。